あした思い出すよう

あさってもその次も

サーバルちゃんの仮面をかぶる練習

下記リンク文章内より、「〇〇用の自分」という「着せ替えの仮面」を用意する"という部分がとても実践しやすいものだった。
(記事内 ページ3)

 

diamond.jp

 

文章内ではガンジーさんの仮面をかぶっていたり、プリキュアやその他有名人の仮面をかぶると良いよと書いてあった。
自身が"この人の仮面をかぶりたいな"と思う人の仮面でいいそうな。

 

そこで私なりに『どの仮面がいいかなぁ』と考えて、うかんできたのが...

サーバルちゃん

サーバルちゃん
(イメージ図)

これがまた、効く(個人差がある)

 

サーバルちゃんのイメージを頭に浮かべながら『ガンジーさん』『お嬢様』的な言葉を唱えるのも実践しやすかった。

 

画像は「pixabay」より、
「serval cat」ページから。

使用例1

サーバルちゃん

「すごーい!」
(この人も大変なんだなぁ...)

 

使用例2

サーバルちゃん

「あなたのそのイライラが、私にぶつけることで晴れるといいですね...」
(ガンジーさん感)

 

使用例3

サーバルちゃん

「これしきのことで心を乱してはダメね」
「ごきげんよう!」

お嬢様感。
画像のチョイスをミスったかもしれぬ。

 

使用例4

サーバルちゃん

「そうなんだ!」
「すごい!」

この顔である。

使用例5

サーバルちゃん

『すっごーい!君はイライラを人にぶつけて発散できるフレンズなんだね!!』

これは煽りすぎかもしれぬ。

 

自分のかぶりやすい仮面をみつけたい

仮面をかぶることを習慣化すると、仮面をかぶるスピードがだんだんと上がっていった。

 

『ガンジーさん』『お嬢様』が比較的実践しやすい。
『私に〇〇することで、あなたの心が晴れるのなら...』『これしきの〇〇で心を乱すなんてダメね』が、多くの場面であてはめやすく感じる。

 

人生いろいろあるけれど、それでは皆様、
ごきげんよう!

自身にあうキーボードを求めて【K120編】

メンブレンかパンタグラフか。
高級なキーボードになってくると静電容量式があるけれど、上記2つのなかから自身にあうキーボードは何かなと定期的に探している。

 

なんやかんや、ロジクールのK120がしっくりくるような気がしてきた。

ロジクールのK120について

よくある「有線キーボード」のひとつ。
すごく『普通のキーボード』に該当すると思う。
別段なにかしら機能がついているとか、飛び抜けた特徴があると感じるわけではない。
『普通』のキーボード感。

 

キーを打った感じは『かつてのワープロのキーボードよりは、キーが硬いような気がする』。
ただ、上記の感想もいい加減で、『そのワープロのキーボードが古くなっていただけでは?』と言われると、そんな気もしてくる。

 

防水となっているが、これはあくまで『上からコーヒーをこぼした』等の水に耐性があるというもの。
決して濡れたあと乾いていないのにひっくり返すことはしてはいけない。
私は『洗っても大丈夫』のキーボードを洗って壊したことがある。

ワイヤレスにハマっていたときもあった

ワイヤレスはケーブルからの開放でもあり、デスク上でのレイアウトの幅を広げることができる。


欠点としてはバッテリー問題。
経験則として、肝心なときに「電池切れ」が発生する。

 

人間というのは不思議なもので、プラスの記憶よりマイナスの記憶のほうが残りやすいものだと思う。
ワイヤレスの恩恵をあれ程受けていたはずなのに、何故か「電池切れ」の記憶が鮮明なのよね。
そんなこんなで、有線のキーボードがなんだか落ち着く。

 

「電池切れ」が発生したときに、「それに対応する電池がない」となったら...言うまでもないか。

 

K120の感想

『安かろう悪かろう』というよりは『それなりの機能ゆえの安さ』というのがK120。
特にロジクールのラインナップは値段と機能が相応のような印象がある。

 

"特徴がないのが特徴"という言葉が、K120というツールを表現するのにしっくりくるような気がする。

 

ところで...
"特徴がないのが特徴"ときいて、皆様はなにを思うだろうか。
ぱっと思いついた2名を下記にあげて、この文章を締めようと思う。

『"go.jp" おなかいたい』とGoogle検索すると捗る【今週のお題「叫びたい!」】

今週のお題「叫びたい!」

 

最近『おなか痛い!』と、叫びたいときがあった。
(実際はおなかが痛いわけで、叫ぶ余裕はあまりない)


ちょうどはてなのお題が「叫びたい!」ということで、上記の内容にした。
そんなとき検索するなら、
『"go.jp" おなかいたい』
と、"go.jp"なGoogle検索をすると便利よという話。

 

病名や症状を検索すると...

今や様々なサイトがあるなかで、当然医療的な情報を扱うサイトもたくさんある。
個人と思われるサイトや、『〇〇クリニック』というサイトなど様々な状態。

 

「病名」や「症状」で検索すると、ほんとに色々とサイトがヒットする。

 

一つ一つURLを見たり、クリックしても何かしら自身の欲する情報にたどりつけるかもしれない。
ただ、時間がかかるうえに、情報の出典が曖昧なサイトの情報を鵜呑みにするのは危うさがある。

staff.hatenablog.com

 

そこで上記にも書いた『"go.jp"』を用いたGoogle検索をするととても捗る。

 

『"go.jp"』とは

e-words.jp

 

go.jpは『政府機関のサイト』ということ。
書かれている事柄は、そのサイトの関係機関が責任をもって掲載しているため、情報の信頼性のレベルは高いと考えられる。
(〇〇研究センター など)

 

"go.jp"を含めた検索をすることで、『政府機関のサイトがヒット』するように検索できる。

 

検索例
 『"go.jp" おなかいたい』
 『"go.jp" あたまいたい』

 もちろん『"go.jp" 叫びたい』でも、症状に該当するサイトがヒットする。

 

文字の情報量が多い読み応えのあるサイトがたくさんあり、また、.pdfのデータも結構ヒットする。

 

一つの検索方法として知っておくととても便利。

 

感想

自身のなかでマジメな記事になった。

「マジメかっ!!」と自身に言いたくなった【今週のお題「叫びたい!」】の締め。

【XLOOKUP関数】Office 2021にも追加されて、より便利そうね

「ExcelのVLOOKUP関数」
これは最初苦労する関数だと思う。

 

ただ、そのVLOOKUP関数より便利なのが、
「XLOOKUP関数」
XLOOKUP関数について良い記事があったので、ここにメモする。

forest.watch.impress.co.jp

 

VLOOKUP関数の思い出

最初の最初は、VLOOKUP関数をみても『???』だった。
今は理解できている。
理解はできていても、『なぜVLOOKUP関数のこれって、こうなの?』となっている部分が「XLOOKUP関数」では見事に解消されている。

 

=VLOOKUP(検索値, 範囲, 列番号, 検索の型)

VLOOKUP関数説明用画像

こんな感じ。
(VLOOKUP関数やっつけ作成)

 

VLOOKUP関数の何がアレかって、『【検索】する範囲が【左端】である必要がある』ということ。

 

上記のエクセル画像の表だと、一番左が「社員番号」となっている。
「検索値」に「社員番号」を入力すると、対応する「名前」がG5に表示される。
ただ、「社員番号」でVLOOKUP関数を使用したいなら、必ず「社員番号」が一番左にある必要がある。
そうしないと、「社員番号」に対する「列番号」(何列目の値)かの指定ができなくなる。

仮に表を加筆修正して列が増えると、列番号のことも考え直さないといけない。
ややこしやややこしや...

 

人の作ったVLOOKUP関数を眺めているとき、入力エラー時のために使用されたIF関数やIFERROR関数を眺めて『IFにIFが重なっている...』と思ったのは今となっては...別段特にいい思い出ではなかった。

XLOOKUP関数について

=XLOOKUP(検索値, 検索範囲, 戻り範囲, 見つからない場合, 一致モード, 検索モード)

 

「列番号」ではなく、「検索範囲」「戻り範囲」が分かれているのはわかりやすい。
また、関数内に「見つからない場合」があるのも良い。
(IF関数やIFERROR関数でごちゃごちゃになりにくい)

 

XLOOKUP関数を使う場面に遭遇した際には、『最初から「XLOOKUP関数」だったらなぁ...』と、一人でしみじみしそう。

 

感想

VLOOKUP関数もややこしいけれど、慣れると「そういうもの」と思えてくるのは不思議なもの。
最新版「Office 2021」(買い切り)でも「XLOOKUP関数」が追加されたのはうれしい限り。

 

『「XLOOKUP関数」が追加されたから「VLOOKUP関数」は忘れてもいいぜ!』とはならない。
なぜなら、以前に作成された「VLOOKUP関数」の含まれはExcelファイルは今後もしばらくは各々のPC等に存在し続けるから...。

 

なんにせよ、「VLOOKUP関数を知ったうえでのXLOOKUP関数」といった感じがする。

 

余談だけれど、私はHLOOKUP関数はあまり使ったことがない。
(「VLOOKUP関数とは検索方向が異なる」と考えたら、作成できなくはないけれど...)

Windows Essentials 2012をインストールできないときは、Windows Updateの更新プログラムを適用。エラー0x80040800

エラー:0x80040800
Windows Essentials 2012をインストールできないときの対処。

 

動作環境:
 【PC】Surface Laptop 4
 【OS】Windows 11

 

対処法:

エラー0x80040800,WindowsEssentials,インストールできないとき
結論としては、【その時のWindows Updateの更新プログラムを適用していないものがあるなら、適用する。】という結果になった。

 

上記の「コンピューターを再起動してください」表記のエラーの際、ただ単にPCを再起動しただけではWindows Essentials 2012をインストールすることができない。
あくまで「Windows Update」の適用が必要ということ。

WindowsUpdate,再起動が必要です

 

その時点での「Windows Update」の適用が完了していた場合は、インストーラーが順調に進んでいく。

インストールするプログラムの選択,Windows Essentials 2012

 

感想:

今『Windows Essentials 2012』が必要な人がいるかどうかはさておき、インストーラーがうまく動かなくてインストールできないときの参考として記事を書いた。

 

そもそも『Windows Essentials 2012』のデータを持っている人が少ないかもしれない。
あれから(2012年から)約10年...

Windows 11ってのでも『Windows Essentials 2012』が動いたよ!!」
と、10年前の人々に伝えたい。

 

 

参考:
(Microsoft コミュニティ)より
Windows Live メール 2012インストールが正常に完了できない。エラーコード0X80040800』
https://answers.microsoft.com/ja-jp/windowslive/forum/all/windows-live-%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%83%AB/dda089dc-d0b9-4166-ab3b-d59950cfcde3