あした思い出すよう

あさってもその次も

Windows 11 へ向けての準備Surface Laptop 4(2021-10-03)

Windows 11 への準備といっても、具体的にできることは限られている。
というわけで、

Microsoft Surface Laptop 4

Microsoft Surface Laptop 4』を、購入した。
自身史上初のRyzenとなる。

 

写真では伝わりにくいけれど、田 がキラキラしている...
----------------------------------------
15インチ(プラチナ(メタル))
AMD Ryzen 7 4980U
8GBメモリ
SSD 256GB
----------------------------------------

 

Windows 11 へ向けて

Laptop 4はWindows 11へアップグレードできる機種内にあるため、『このPCを手に入れるすなわち「Windows 11」への準備になる』ということ。
ほとんど自身の購入への動機づけに近いところがある。

 

Insider Preview用にPCを組んで発売前に触れてみようとも考えたけれど、今回はWindows 11対応のPC発表までの資金にしようかなという作戦にした。
Insider Previewで何かしらメッセージを送るにしても、
『I like スタートボタン.』
と送るのがオチかなとも思った。

www.gizmodo.jp

 

Alcantaraや画面やストレージ

15インチにしたのは単に画面が大きいというのが理由。
あと、「Alcantara(アルカンターラ)でないもの」のSurface Laptopを探すと、このPCがお値段と画面サイズがちょうどいいかなと。
(Alcantara はキーボード面のとこがフサフサしたアレね)

Alcantaraのお手入れは、自身がめんどくさがるだろうなとも思ったため、候補からは外していた。

 

カスタマイズするとすればメモリとストレージをもう少し増やしても良いかもしれない。
例:
メモリ:8→16GB
ストレージ:256→512GB

私はこれを持ち歩く使い方をせず、自宅使用のため上記のようなカスタマイズはしなくてもいいかなと。

 

Windows 11 へ向けての準備としてのSurface Laptop 4 感想

持ち歩くという使い方をするとしても、今回のこのPCは持ち歩きやすいと思う。
薄くて軽い、USBポートもある(タイプCもある)。
きれいにまとまっているノートPCだと思った。

 

Windows 11準備として『Insider Previewにしよう』か『いっそWindows 11が出てから購入するか』『自作してもいいなぁ』など色々と考えていたときもあった。
結果としてSurface Laptop 4は自身にとってちょうどよかったと思った。
(買って間もないのに自身でも何を言っているのだろうとも思う。)

 

それにしても、久しぶりのノートPC購入のため、キータイピングに慣れが必要。
とりあえずは「寿司打 - タイピングゲーム」で修業。
(それでもダメなら外付けキーボードを...)

 

そんな感じの感想でSurface Laptop 4の感想を締める。

【GIF】ノンレム睡眠レム睡眠のグラフ上の位置を覚えたい

今週のお題「眠れないときにすること」

 

眠れないからGIFを作成した。
その名も、
ノンレム睡眠レム睡眠 のグラフ上の位置を覚えたいがための
やっつけグラフ

ノンレム睡眠・レム睡眠 のグラフ上の位置を覚えたいがためのやっつけグラフ

 

参照元(自身の記事)

www.ashita-omoidasu.net

『Giam』というソフトを使用して、以前GIFを作成した。
その際のにはウェイトの設定が一定になっていた。
(一定というかすべて最大の100s)

 

みかけのコマのウェイトの時間をかせぐため、同じコマをいくつか挿入した。
具体的には最初の画像と最後の画像の部分を2~3枚分増やした。

これでノンレム睡眠レム睡眠のグラフ位置は覚えられるはず...

『ノンレムとレムってどっちがどっちだったっけ?』を解消できるはず。

 

 

しかしながら、『今週のお題「眠れないときにすること」』で、「眠れないときにGIFつくってどうすんの?」という気はしないでもない。
あとは、すやぁ...すれば完璧。

 

そんな「今週のお題」の締め。

 

すやぁ...

Giam『はじめてのgif作成』

PowerPointで画像を作成した。
せっかくなのでgif作成にチャレンジ。

gif作成test【爆ボンバーマン】ボムジャンプまとめ

はてなにそのまま貼り付けることができた。

元記事

www.ashita-omoidasu.net

 

この記事をつくるにあたり、PowerPointでスライドを作成した。
そのスライドを.png化した次第。

 

.png → .gif にあたっては「Giam」というソフトを使用した。
(以下、Vectorリンク)

www.vector.co.jp

はじめてのgif作成

なんとか作成できた。

 

それにしてもこのソフトの説明の動作OS欄が、
Windows Vista/XP/2000/NT/98/95』

 

動いてよかった...

最終面がチュートリアル(レインボーパレス【爆ボンバーマン】メモ)

「これ、この面が最初に説明としてあったら良いような?」

 

『爆ボンバーマン』レインボーパレス ステージ3。
当時、そのステージを攻略したときの気持ちが上記カッコ内のことば。

 

ボンバーマンでは、ボムを使用した「ボムジャンプ」という技を用いての攻略がカギになる。
「ボムを使用してジャンプする」というよりは「上から落下して、ボムの上をはねて移動する」に近い。

 

そのボムジャンプを多用して攻略しないといけないのが、「レインボーパレス ステージ3」。
クリア時にやっとボムジャンプが上手くなった気がした。
ほぼ最終ステージ時に「上手くなった気がした」というのも遅い気はするけれど、『このボムジャンプの説明が序盤にあったら良いのになぁ』とも思った。
(今でいうところのチュートリアル)

 

まぁレインボーパレスは、ボムジャンプが上手くできないとクリアが難しいのだけれど...

 

以下、ボムジャンプまとめ

【爆ボンバーマン】ボムジャンプまとめ

【爆ボンバーマン】ボムジャンプまとめ

【爆ボンバーマン】ボムジャンプまとめ

【爆ボンバーマン】ボムジャンプまとめ

【爆ボンバーマン】ボムジャンプまとめ

【爆ボンバーマン】ボムジャンプまとめ

【爆ボンバーマン】ボムジャンプまとめ

【爆ボンバーマン】ボムジャンプまとめ

階段をボムジャンプで上がることができると、爆ボンバーマンはだいぶ出来ることが増える(やりたいようにできる。)。
それを最終の惑星で気づくというゲームだった。

 

上記の階段のボムキックの手法は当時紙にメモしたような気がするけれど、『こんなゲームのこういった攻略法があった』という備忘録としてここに記した。