あした思い出すよう

あさってもその次も

『減』減らす(片付ける)かなぁ【今週のお題「現時点での今年の漢字」】

今週のお題「現時点での今年の漢字」

 

かなぁ、と思う。
そんな、「お題」に関する漢字。

 

物を減らすと言う意味での「減らす」の「減」。
決して「滅する」方ではない。

 

 

『片付け』なら、物理的に物を減らしたり部屋を片付けたりという「減らす」を思うかもしれない。
ただこの場合の減らすは、物理的なモノを減らすだけではない。
契約し続けているサービスの見直しも含めた減らすということ。

 

『なんとなくだらだら契約しているもの』とか『そもそもそのサービスは必要があるとかないとか』その辺を考えていきたい。

 

人間いくつに同時に色々なことをやったり考えたりと、それができたら理想的な行動になるのだろうと思う。
ただ、まぁ情報が有りすぎる問題もさることながら、サービスを使いこなせるかどうかは人間側の方にかかっている。

 

「必要だから契約をして、継続的に支払いをセットしている」
上記の言葉は時々「自身がその契約を見直すことを拒むための免罪符」用に使いそうになる。
「必要だから」「お得だから」「今まで支払いを継続しているから」などなど...
契約を続ける『理由』をどこか求めているのかもしれない。

 

契約系のものを減らすために、個人的にうまく行った方法はいくつかある。
その一つが...
『継続的に支払いをセットしているものの支払いを「一つのクレジットカード」へ集約してみる』
これはなかなかに効果がある。

 

上記やり方は契約系だけに使えるのではなく、他のことにも使えるやり方。
例えば、
『お菓子を買いすぎるのをなんとかしたい』

というときにも使える。
お菓子 の支払いをすべてクレジットカードにすると、引き落とし時に「特定の期間内にどれくらいお菓子に費やした」かが数値で可視化される。

話がそれたけれど、ちりも積もれば山となる はたしかにそう。
ちりも積もった月契約も継続した分の累積は凄まじいことになる。

 

それらの合計の数値をみて、果たしてそれらのサービスすべてを「使いこなせているかどうか」を考えると、自身にとって何に支払いを継続したいか、何はあまり使いこなせていないか、継続しなくてもいいものは何か、が見えてくる。

 

個人的には減らすより増やす方が、なんとなくは楽に思える。
(収納するために収納ボックスを買う、など)

 

増やしたときの効果を考えないと「減」がどんどん遠いものになりそうな今日このごろ。
そんな締めの、【今週のお題「現時点での今年の漢字」】。

 

下手の考え休むに似たり がココロにささる

『下手の考え休むに似たり』という言葉ががココロにささる。

 

www.weblio.jp

 

かといって『適当にやれ』というわけでは無い。
何かを決断するとき、問題に解答するとき、ヴァイスシュヴァルツで攻撃前に悩みすぎる、など色々な場面があるかと思う。

 

某テニスプレーヤーは、かつてメニューを開いて数秒で料理を選んだ、といったことをしていたような気がする。

 

そんな決断に関する本があったので読み始めた。

とにかくまずは「とりかかってみる」のが大切だなぁと思う。

 

はてなで決断力を鍛えるにはどうするか。
はてなブログだったら...

記事を書く

とりあえず↑これを「押す」。
そして、その後考える でも十分良いような気はしてくる。

 

『下手の考え休むに似たり』
今年のわりと早い時期に、良い言葉をみつけたような気がする。

LibreOffice リブレオフィスだよ、リブラじゃないよ。

LibreOfficeと書いてリブレオフィス。
リブラオフィスじゃないよ。

 

ja.libreoffice.org

 

LibreOfficeを知ってから何年も経つけれど、「Libre」という文字は認識していても「Libre」の読みが頭のなかで「リブレ」「リブラ」が混在している。

 

ややこしいのが「リブラ」という名称のものがなくはないというところ。


「リブラ」はフェイスブック社の暗号資産。今は名称が変わり『ディエム』になった。
ただ、フェイスブックの社名もMeta(メタ)に変わっている。
(世の中、色々なものが変わっていく...)

ja.wikipedia.org

 

自身で書いていても、もっとややこしくなってきた。
『LibreOfficeと書いてリブオフィス』

 

『LibreOfficeは、reのところをレと読んだらok』
といった認識をしたら、脳内でのLibreの読みが修正できるかしら。

 

2022年の幾つもあるであろう目標の一つがこれになりそうな今日このごろ。

LibreOfficeタグ

『Libreoffice』のタグあるのね。

 

「1回のみ」「常時」の選択制に戻すことができた。【ブラウザでリンクを開く際】

ブラウザでリンクを開く際、『○○で開く』の選択制に戻すことができた。
以下、Android OSでの説明。

 

リンクを開く際の動作で、「デフォルトのブラウザアプリ」を選択していない状態の時の動作は、

○○で開く
「1回のみ」「常時」
別のアプリの使用
○○
○○
○○...

となる。

「1回のみ」「常時」別のアプリの使用

 

結論としては、↑上記『「1回のみ」「常時」』を選択できるように設定するためには、デフォルトで選択していたブラウザをアンインストールする。
すると再び『「1回のみ」「常時」』を選択できるようになる。

 

以下、説明。

「常時」を選択したときはどうなるか

意図的に、または、うっかり「常時」を選択したあとは、「○○で開く」のように開くブラウザを選択する状態に設定で戻すことができなくなってしまう。

○○で開く←『常時』



「アプリと通知」→「デフォルトアプリ」→「ブラウザアプリ」
内より、『デフォルトのブラウザアプリ』設定

『デフォルトのブラウザアプリ』から設定を変更しようにも、リンクを開くブラウザ選択をする設定しか無い。
(「リンクを開くブラウザを選ぶ」を設定することができない)

デフォルトのブラウザアプリ

 

解決方法
上記「デフォルトのブラウザアプリ」で選択したブラウザを「アンインストール」する。

 

アンインストール後は「デフォルトのブラウザアプリ」のブラウザが選択されていない状態にもどる。

デフォルトのブラウザアプリ

 

この状態に戻すことができた場合、リンクを開く際「1回のみ」「常時」の選択が再び表示される。

「1回のみ」「常時」

 

感想

案外他に異なるやりかたや設定方法があるかもしれないけれど、とりあえずは「1回のみ」「常時」の選択を復活することができた。

 

『「選択した状態のブラウザ」を「アンインストール」する。』は、ガンダムウォーでいう「コントロールを失う」に似ていると思った。
ガンダムウォーの際の考え方が今回役に立った。

w.atwiki.jp

 

貯金箱の運用をどうしようかしら...(入金手数料のアレコレ)

2022年1月17日から、

www.watch.impress.co.jp

 

ATMでの入金に関して、
『硬貨25枚まで→110円』かかる...
(「無料」枠が無い)

 

窓口での入金も、『1~50枚は無料』なものの、
『51~100枚→550円』
『101~500枚→825円』

 

小銭貯金...もとい『貯金箱』の危機になる。
クライシスだわ...。
実際、金融機関は小銭の扱いが正直大変なのだと思う。
集めた小銭を数えるのもそうだけど、単に重いと思うの...。

 

小銭貯金は、気づいたときにチャリンチャリンと入れていたら案外たまっていて嬉しい。
今回、小銭の運用(入金)での扱いがやりにくくなり、小銭貯金の見直しを考えないといけないなぁと思ったりもする。

 

自身でできることを考えてみると、『小銭を出さない』ような生活へシフトしていかねばと。
手っ取り早いのは『クレジット払い』または『デビットカード払い』をする。
それか、『電子決済』を使用できるところではそれを使用する。
とにかく「物理的なお金を使用した決済を控える」と「小銭」は発生しない。

 

巷では「〇〇%還元」「ポイント〇〇」等の電子決済のキャンペーンであふれている。
私はとてもじゃないけれど、それぞれの電子決済の管理をやりきる自信はない。
「還元」の恩恵を受けることができたらそれはうれしいのだろうけれど、その恩恵を受けた後の管理が私にはたぶん中途半端になりそう。

 

となると、私にとっては『クレジット払い』または『デビットカード払い』が何かと手っ取り早い。
上記2つのなかからどちらか選ぶとすれば、即座に口座から引き落としがされる『デビットカード払い』が便利が良いと私は思う。

 

小銭貯金、今までありがとう。
小銭貯金...また会う日まで...